小さくて高っけえ冷蔵庫を買ったんですよ

在宅で仕事するにあたって、箱買いした炭酸水をよく飲みます。

自分のデスクから階段を上り下りしてキッチンまでボトルを取りにいくのも面倒だし、まとめ買いしたストックを置いておく場所も欲しかったので、最近発売されたばかりの日立のChiiilを買いました。色はグラファイト。

デザインコンセプトだとかクラウドファンディングがどうのといった能書きは適当にググって調べてください。

というか、購入前にググっても能書きしか出てこなかったので今これ書いてます。現状、実店舗での展示はほぼないし、WEB上にも情報なさ過ぎて購入するかどうか相当逡巡したので。

容量とか形状が俺のニーズど真ん中だったんですが、何しろ高価い。これより容量の大きい1ドア冷蔵庫が2万円足らずで買えるのに対して、これ8万もするんですもん。なんなら下手なファミリー用冷蔵庫より高価いですよ。

あるのはマットな質感、直線的でシンプルなデザイン。要するに「かっこいい」ということだけに余計な金が払えるかどうか、という話になります。

めちゃめちゃ悩みましたが、結果としては満足しています。

見た目は公式サイトを見ればわかる話なので質感の話をしますが、外側から見える部分は全部樹脂でできてます。ベースは黒で、カラバリになる前面/天面のパネルはマットな表面処理がされた一枚板の樹脂。

なんとなく塗装された金属パネルをイメージしていたのですが、耐久性を考えたら無塗装でいけるカラーの樹脂にするのは妥当なところなんでしょう。

プラスチッキーな光沢はなく、見た目上の高級感は十分ありますが、重量的にも触感的にも軽いので、実際触ると「あ、プラだな」という実感は否めません。

まあ購入動機の半分以上は見た目なので、見た目だけよけりゃいいじゃん、って話ではあります。

あと磁石がくっつかないので、水道屋のマグネットを貼ってデザインを台無しにするという遊びはできません。

そして購入のもう一つの決め手になったのが、横に広く、奥行きが狭い薄型形状。

手前にある棚は無印のスタッキングシェルフですが、奥行き28cmのシェルフに対してせり出しはこんなもん。個人的には許容範囲。

放熱機構が工夫されていて、背面をぴったり壁につけても大丈夫というのも大きいです(その分左右は少し隙間をあける必要あり)。

容量に対して背が低いのもいいところで、天面が物置きとして手頃な高さ。

ひとまずラブリコの突っ張りアジャスターを使って上空に棚を組んで、入りきらないペットボトルと常温保存の酒置き場にしてみました。

たぶん冬場は天面上に湯沸かしポットとかを置くと思います。

 

さて中はどうでしょう。

特徴としては入れたものが冷えるという機能があります。あと黒いです。

炭酸水以外はミチミチに酒が詰まっておりますが、どれだけ入るか試すために何だかかっこいいと思った缶瓶飲料を買いまくった結果です。俺は基本的にそれほど量は飲めず、普段は3日に一回程度、350ml缶のビールを一本も飲めば十分なので、多分写ってる酒を全部消費するのに2~3か月はかかります。バカなんでしょうか。

ともあれ容量は十分で、ストック飲料置き場としての目的は十二分に果たしているとは言えます。

ちなみに上段、缶がかっこいいってだけで買ってきたブリュードッグのビールはどれもめちゃめちゃ美味しくてめっけもんでした。どれも香りがとても良い。切らしたらまた買う。

あと、関東では北野エースでしか買えないという「瀬戸内のはっさくチューハイ」も美味かったのでこれもリピートします。

あとはまだ飲んでないので分かりません。

 

冷蔵庫の話に戻ります。

オフィシャルサイトの画像を引用させてもらいましたが、見ての通り上中下段で奥行きが違います。薄型化のために冷却機構を内側に収めた結果と思われます。

各段の高さに関しては棚板を付け替えることで変更できますが、ビミョーに使い勝手の悪い部分がいくつか。

まず下段。左側のハイネケンを見ての通りですが、奥行きが狭いのでビールの小瓶やペットボトルは互い違いに入れるしかありません。

容量的には些細な話ですが、いまいちスッキリしないな、という感じ。

じゃあ奥行きのある中段に逃がせば、と思ってもギリギリ入んねぇのですよこれが。

通常の500mlペットボトルでいっぱいいっぱい。コカ・コーラ プラスとかのちょっと背が高いペットボトルも入りませんでした。

上段の棚板を下げてそちらに置こうとしても入りません。中段がものすごく狭くなっても構わないので、もう少し上段の棚が下げられればな……と思いました。

で、また下段の話になりますが、四合瓶がこれまたギリギリ入りません。

うーん、もどかしい。

一応中段の棚の手前は外れるようになっていて、四合瓶どころか一升瓶でも入れられますよって売り文句ではあるんですが、そのために中段を半分殺すのはあまりにもコストパフォーマンスが悪く感じてしまいます。

最上段に寝かせれば入るんですが、折角こんな格好つけた冷蔵庫使ってんのに、開けた時にラベルが見えないのは面白くない。

これはワインでも同じことが言えそうです。俺はワインはあまり飲みませんが、瓶のサイズは大体四合瓶と同じぐらいか、ちょっと大きいイメージです。だとしたら収納の微妙さも似たり寄ったりでしょう。

温度帯を切り替えて適温保存ができるセラーとしても使えるようになってますが、少なくともワインセラー・日本酒セラーとしては専用のものを買った方が良いかと。その方が余程安くて使い勝手の良いものが手に入ると思います。

 

以上。

諸々詰めの甘い部分もありますが、「居室に置いて違和感がない&冷却可能な大容量ストッカー」という俺の個人的ニーズは完全に満たしてくれたので満足しています。駆動音も近づいて耳を傾けなければわからない程度には静かです。寝室に置いても全く問題ないでしょう。

サブ冷蔵庫は食材のスペースを考慮しなくていいので、諸々の酒をジャケ買いして好き放題詰め込むのが楽しいです。それで美味しい酒に出合えれば儲けものだし、いろんな缶や瓶を並べるだけでも本棚を眺めているようで楽しいという、居室に置く冷蔵庫ならではの楽しみかたもあります。

手放しで人におすすめできるものではありませんが、個人的には買って良かったと即答できます。

もっとも、小遣い口座は枯れたのでしばらく節制が必要ですが。

机周りの最近買ってよかったやつ

リモートワークで自室の机に向かって座っている時間が多くなり、環境改善と称して色々買っていたらちょっと楽しくなってきちゃったので書きます。

電動スタンディングデスクとかアーロンチェアは出てきません。

照明

まず机上がなんとなく暗い気がしたので正面にダクトレールを足しました。壁に直付けは嫌だったので2x4材用の突っ張りアジャスターを使ってこんな感じで(ロフトなので天井低い)。

この手のアイテム、ラブリコとかディアウォールとかウォリストとかカインズホームのとか、いろいろあるんですが、選んだのはこれ。

通常のラブリコはプラスチックで安っぽいのがあんまり好きじゃないんですが、これは艶消しブラック塗装のアイアンでかっこいい。

これで2x4材の突っ張り棒を2本作って、横向きに材を取り付ければ、ダクトレールの台座の出来上がり。

2x4材はブライワックスで塗装、横材の取り付けはラブリコのジョイントパーツを使いました。

ジョイントパーツは本来、短い木材を縦に継いで延長するためのものなのでこういう使い方は保証外なのですが、別に重いものを乗せるわけではないので強度は十分にあります。質感を揃えたかったので同じシリーズのパーツで構成した次第。

で、スポットライトを、こう。

手元は読書や書き物をするには十分な程度に明るいものの、人間、壁や天井が暗いと部屋全体を暗く感じるそうで、そこを照らす形。もちろん間接照明で手元もより明るくなります。

最近はダイソーでも短いのが売ってますが、こういうコンセントや引っかけシーリングから電源を取るダクトレールは電源ON/OFFができないのがほとんどですから、デスクライトとして使うにはコンセント側にスイッチを挟み込むか、ネットワーク制御できるスマートランプを使う必要があります。

うちはE26/E17バルブの照明はすべてHueにしていて、今回もそう。Google HomeでON/OFFや明るさを制御しています。

サイズ的にE17バルブのスポットライトにしたかったのでHueになりましたが、E26(普通の電球)サイズだと、最近はSwitchBotがフルカラーで安いスマートランプ出してるんですよね。

今後追加や買い替えがあるときには試してみたくなる価格設定ではあります。この影響でHueももう少し安くなるとありがたいのですが。

そしていくらでも照明を増やせるのが面白くなっちゃったので、サイドにもダクトレールを追加しました。ラブリコ水平突っ張り。言うまでもなくこんな使い方は保証外なので落ちても自己責任です。でも実際問題、ちょっと叩いたぐらいじゃビクともしません。

結果として、俺の机上は今、電気スタンドも含め7個の電球に照らされています。やりすぎ。

あとダクトレールフックを追加して、会社のノートPCをつなぐときのHDMIケーブルとLANケーブルを吊っています。これ、ケーブルを使わないときの収納としてはかなり便利なのですが、もうすこしカッコいい方法は考えたいところです。

つーことで、今のディスプレイ周りの照明はこんな感じ。ディスプレイ裏にも裸電球を一つ入れているのがポイントで、手元の明るさはほとんど変わりませんが、壁・天井が広く照らされることで体感的には相当明るく感じるようになります。

2022.05.07 追記
机周りの最近買ってよかったやつ - 機械

ダクトレール壁付けするならカバーしてね。

2022/05/06 16:08

しました。

机周りの最近買ってよかったやつ - 機械

ラブリコはギチギチに設置しても冬の乾燥で木が収縮して突然落ちることがある(経験済み)ので、階段に面した方の設置は危ないよ。階段下の床か階段を使ってる家族に激突する可能性がある。

2022/05/07 07:57

なるほど。収縮こわい。

なので結束バンドとワイヤー圧着の2段構えでガードしてみました。

じわじわ緩んでいったとしても、いきなり落下はせずに反対側がズリ落ちて軟着陸する形。仮にラブリコが突然爆発四散して保持力を完全に失い、階段側に落下したとしても結束バンド一本で木材と照明をぶら下げてキープできるだけの強度はあります(実験済み)。

さらにレールの電源ケーブルも支柱に固定。これでも落ちるならもう電源ケーブルがブッちぎれるか柱が折れるかしてると思うのであきらめます。

まあ既に書いてますが、この水平つっぱりは完全に自己責任でやってますので、真似しないほうが良いです。

追記ここまで。アドバイスありがとうございました。>コメント

Fargo STEEL TAP

続けて電気モノ。デカくて重くてケーブル太くて置き場所が非常に限定されそうなスチール製の電源タップ。かっこいい。

家を設計した段階で机を置く場所は決めていたので、机直近のコンセントは天板上の高さのものも含めて計8口を用意。それでもタップなしだと簡単に埋まるし、ノートPCやタブレットを充電しつつ使う等の一時的な電源は壁際ではなく手元から取れると便利です。

つーことで振り回したらば鈍器としても使えるであろうこのタップ。存在感を全力でアピールするこれは、床や机の上にだらしなく転がっていても「そういうオブジェです」と言い張れる強引な説得力に満ち満ちています。

小さくシンプルで周りに溶け込む電源タップもいいですが、こんなふうにプラグが刺さりまくったら、びろーんとケーブルが広がってどうせ見苦しくなるんですから。目に見える・手の届くところに置くんだったらケーブルよりも強い主張でいろいろと有耶無耶にしてくれるコイツがいい。

でも使ったらケーブルは挿しっぱなしにしないで片づける。結局ケーブルボックスやらオーガナイザーを使うよりも、片づけるのが一番すっきりするという身も蓋もない話。

デカくて重い分、片手でプラグを抜き差ししやすいのが何気に便利で、都度ケーブルを片づけるのも楽です。

無印良品 ポリプロピレンウェットシートケース

うちの会社の社食、コロナ対策で全テーブルにアルコール除菌シートが備え付けられるようになって、各自で拭いて消毒してねって形式になってるのですよね。

それが非常に便利だなと思いまして。自宅なので別にコロナ対策というわけではなく、単純に細かいゴミやほこりを拭う濡れ布巾替わりとして。作業の前後に使い捨てのウェットシートでさっと机を拭き清められるのは非常に手早く合理的。

このケースは店舗を物色していたときに社食のことを思い出して購入したのですが、ネットで買える他メーカーの類似品のどれよりも大幅に安くて、結果として一番良い選択になっていました。

これはさっきの電源タップとは真逆で、特徴を消した佇まいが常備アイテムとして完璧といえます。

要するにこのデザインのパッケージが常に机上にあったら嫌だ、って話ですね。(※公共の場に置くにはとても良いデザインだと思います)

あらゆるものを無印で揃えてしまった際のナチュラル感は性に合わないのですが、なんだかんだでそのシンプルさは便利。存在を希薄化したいものは無印で探すと良いという知見を得ました。

あと仕事中に飲むお茶もよく買う。

DULTON MINI PEGBOARDとMAGNETIC HOOK

俺はペグボード(有孔ボード)という収納用具の簡素さが結構好きでして、自宅では工具の整理やヘッドホン・ケーブルその他の置き場として利用しています。

いわゆる「見せる収納」の中でも、センスがあまりいらないというか、雑に吊るしてもそれなりに片付いている気がする(気がするだけ)のがいいところ。しまい込んで場所が分からなくなるということもないし。

で、雑貨屋で見かけて即日購入したダルトンのミニペグボード。

2年前ぐらい前まで「置く」小型ペグボードのデスクオーガナイザーというのはキングジムのPEGGYぐらいしかなかったと思うのですが、いまやめちゃくちゃ多くのメーカーから発売されてますね。

安価かつカスタムの効く、リモートワーク需要にはまった製品ということで伸びているのだと思いますが、各社が白か黒、たまにパステルカラーで商品を展開する中、こんなド原色でラインナップをキメているのはDULTONぐらいのもの。

Fargoの電源タップを買って気づいたんですが、俺はどうもスチール粉体塗装の雑貨が好きなのですね。定番の艶消しブラックはもちろんのこと、うっすらツヤのある赤やオリーブドラブなんかも超好き。キズが入っても錆びが浮いてもかっこいい。

要するに工具箱の色や質感に馴染みがあって、雑貨もそういうものを買いがちなのです。ネットで探すと「アメリカン雑貨」という枠にくくられるのはどうかと思いますが。

ともあれそういう趣味ゆえに真っ赤なやつを購入。実をいうと最初は赤とどちらにするか悩んだ末にRAWカラー(クリアー塗装)を買ったのですが、黒い机上ではあんまりにも地味だったもんで買い替えた経緯があります。

なお、RAWカラーもリビングで「帰ったら財布とか鍵とか携帯とか全部置く場所」の収納としてきちんと活躍してますよ。カップやトレイをつければ普通にペン立てや小物置き場として使えます。

このペグボード、穴のピッチは一般的なペグボードと一緒で25mm。なのでフックも汎用品が使えるのですが、穴は大きめなので横に二穴使うタイプのフックの方が安定します(一穴だったり縦に二穴だと横方向にグラグラする)。

最近はダイソーでもペグボードを扱っていますが、周辺商品のラインナップとしてブロンズカラーのフックが安く売られているのでありがたいですね。ときどき専門メーカーよりツボを押さえた商品を出してくるから100円ショップは面白い。

そしてこのペグボードはスチール製で磁石がくっつくので、フックに下げられないメモや写真なども貼っておけます。

磁石もDULTONのを合わせて購入。この無駄なリベット打ちの板金タグとかいいですね。機能的には全くの無意味ですが、こういうのが好きなんだよ、工業製品してて。

フックは飾りとはいいませんが、垂直のボードに付けてると吊り下げられるのはキーホルダーぐらい。ちょっと重いものを下げるとズリ落ちます。

とはいえ、そこそこ強力な磁石なので、フックはつまんで引っ張る場所としても便利です。

あと、写真の赤のボードは3枚連結してますが、基本セットは2枚です。後から何枚でも色違いでも追加できる形。

気に入ったので後から1枚追加したものの、特に吊ったり貼ったりしたいものがなかったので、今はコレクションしてる嫁さんの落書きメモとか、その辺にあった栞や絵葉書なんかを貼っています。

あさつき。

必要に応じてメモを貼ったりするために遊ばせとくスペースという感じです。

山崎実業 テーブル下収納ラック タワー

PCでゲームするために有線のXBOXコントローラーをつないでいて、その置き場所が欲しかったんですよね。

天板下に取り付けるちょい置き用ラックの類はさまざまなバリエーションのものが売られていますが、これはスリットが入っていてティッシュを下から出せるというもの。

ティッシュケースは15年ぐらい前に思い切って買った(ティッシュケースに4000円オーバーはかなり頑張った)DUENDEのSTAND! STEELをいまだに愛用していますが、机が広いんで作業ポジションによってはちょっと遠いなと感じたりすることもあり。

ということでSTAND! の逆サイドにこれを取り付けることにしたわけです。

置くのは本当にXBOXコンとティッシュだけ。求める機能を完全に満たしております。椅子を移動させたり、腰を浮かしたりしなくてもよい場所に常にティッシュがある。今の時期、どうしても花粉にやられがちなので箱ティッシュは多すぎて困ることはありません。

Amazonレビューでは逆さまにしたティッシュが自重で破れる、出しづらいとの評価が散見されましたが、うちで使ってる最安ティッシュ「はなびより」は、ひと箱あたりの枚数が少なくティッシュの圧縮が弱いせいか、全く問題ありませんでした。

このラックは普段使ってるティッシュボックスを逆さまにして試してから買うといいです。俺はそうしました。

おわり

ほぼただの雑貨の話だった。

『マトリックス レザレクションズ』、俺は駄目でした ー 最近観た映画の感想

ラストナイト・イン・ソーホー

f:id:baumkuchen:20220223235403j:plain

服飾デザイナーになることを夢見てロンドンの専門学校へ進学してきたエリーは一人暮らしを始めたソーホーのアパートで1960年代の夢を見る。

エリーは夢に見た女性・サンディとシンクロし、精神的に現代と過去を行き来する。憧れの60年代ロンドンを楽しむエリーだったが、やがてサンディは夜の街に沈み、シンクロしたエリーも恐怖体験に遭遇することとなる。

心霊体験系のオカルトホラーではあるものの、怖さの質は一般的なホラーと全く違う。パンイチの男の霊とか、心霊現象はむしろちょっと笑っちゃうぐらいなんだけれど、それでも上映中ずっとじんわりまとわりつく不快感がある。

この映画が見せてくる恐怖って主に女性に対する性的搾取なんですよね。女衒に騙されて身を持ち崩していくサンディと、それに引きずられて憔悴していくエリー。

華やかなソーホーの風景に反して二人ともどんどん目が死んでいく。エリーもサンディも夢いっぱいに目を輝かせているところから始まるからそれが本当にしんどい。

俺は観ている間、完全に二人の少女側の目線になってしまっていたので、「男」そのものが怖い、気持ち悪いという普段全く感じ得ない恐怖感というか居心地の悪い不安を覚えました。それは俺にとっては新鮮な感覚で、ある意味最近観た映画の中では一番怖かったと言っていい。

レトロなロンドンの映像は文句なく美しい(最高!)し、エリーとサンディの行く末も良い落しどころだったと個人的には思うのですが、この系統のイヤさはしばらく味わいたくないので再見は当分なし。

ちなみに嫁さんは「程度の差はあれ、女は常にこういう類の不快感を感じているのでそれほど怖くなかった」そうです。日常がハードモードすぎる。

ジョジョ・ラビット

f:id:baumkuchen:20220323230906j:plain

10歳のジョジョは、イマジナリーフレンドの「アドルフ・ヒトラー」と仲良し。彼に励まされながらヒトラーユーゲントで立派なナチスの兵士になることを夢見るのだった。

ある日、彼は母に匿われて自宅に隠れ住んでいたユダヤ人の少女を見つけてしまう。

なるほど『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』を撮ったタイカ・ワイティティっぽい、と思わせるコミカルな演出と、淡い色彩のポップな画作り。加えて本人演じる妄想上のアドルフ君ときたせいで、俺はエンドロールが始まるまでこれが現実を描いた映画だと気づかなかったのです。

子供が憧れるイマジナリーヒトラー、イマジナリードイツ、イマジナリー戦争だったりするんじゃないかなーとぼんやり思っていたら、ネタバレ・種明かし的なものは何一つなくスッと終わって「これガチなやつじゃん……」とようやく気付いたという。

そう勘違いするぐらいにはポップでとぼけた登場人物たちのおかげでだいぶマイルドになってはいるものの、敗戦間際のドイツで起きている現実は相当にショッキング。

「全部妄想」説で頭がボケていたのでスルッと観れてしまったようなところはあるなぁ、と思います。おかげで現実と認識したときとのギャップが映画終了時にまとめて来てしまってダメージでかかったのですが。

こういうクソ重たい戒めをスムーズに叩き込んでくるのが創作の力というものか、とボンヤリ考えていたのですが、そうこうしているうちに現実の世界情勢の方がとんでもないことになっており、日々超絶ヘビー級のニュースが飛び込んでくる始末。こういう方面で現実が強すぎるの本当勘弁してほしい。

会うたびにジョジョとハグをする親友のヨーキー君が癒しでした。デブ眼鏡の親友キャラにハズレなし。

マトリックス レザレクションズ

f:id:baumkuchen:20220414225328j:plain

評価が大きく割れてますね。俺は駄目な方でした。もう全然駄目でした。

メタネタってのは隠し味、エッセンス程度に使うから良いのであって、こうも全編にこってりブチまけられたら鼻についてしかたがない。

「親会社のワーナーの意向だから続編を作らないわけにはいかない」「マトリックスといえばこれだろ、バレットタイム!」「スピンオフで会おう!」

これ全部作中の人物が言うんだよ。皮肉やジョークにしたって格好悪すぎでしょ。内輪受けの同人誌を読まされてる気分だよ。

あまりにも有名になってしまった赤い薬と青い薬のくだりが陰謀論界隈に勝手な解釈で使われたりして、旧作品の扱いに関しては監督が忸怩たる思いを抱えていた、というのは後から知りました。

だから「『マトリックス』はそんな映画じゃないんだよ!!」と再構築した気持ちは分らんではないけれど、焼き直すにしたってもっとスマートなやり方があったんじゃないの、と思います。

再びマトリックスに囚われたネオが赤い薬で現実を知るまでの流れとか、モーフィアスとの修行とか、どうしても「それもう観た」となるし、あれほど斬新で世界中に衝撃を与えたアクションはなーんかもっさり。

スーパーヒーローではないネオを描きたい意図はわかるけれど、それにしてもごちゃごちゃしたカメラワークで全然面白くねぇのですよ。20年分の進化を見せろとは言わないけれど、旧作の馬鹿馬鹿しい程の中二病アクションクオリティは保って欲しかった。

「監督が描きたかったものはそれではない! 否定派はテーマを読み解けていない!」という意見も見ましたが、読み解けてようがなかろうが俺が観たかったもんとは全然違うんだもんよ。面白くなかったって言ったっていいでしょ。

勝手に期待して勝手にがっかりしただけですよ。評論じゃないただの感想なんてそんなもんです。

良い所を挙げるならばクライマックスの映像とか、現代的にアップデートされた結末は好みだったのでちょっと評価が上がったのですが、ポストクレジットでどん底に叩き落とされました。

自虐や皮肉は作品の外でやってほしい。ほんとに。

好きな人には悪いけど、俺はこの映画はイヤイヤ作ったようにすら見えちゃったよ。

前の

一覧

絶賛されている『アイの歌声を聴かせて』が俺には全く刺さらなかったという話とか ー 最近観た映画の感想

ドロステのはてで僕ら

f:id:baumkuchen:20220116201145j:plain

理由は不明だが、カフェに置かれたモニターが突然「2分間の過去と未来を繋げるテレビ電話」となった。

このモニターの存在を知ったカフェの常連客たちが、なんとかしてこれを有効活用できないかと考える、というSFコメディ。

アイデアはめちゃめちゃ面白いし、話も綺麗にまとまっているとは思うけども、個人的にはそれ以上のものではなかったな。

出演者が劇団の人たちなので、演技も演出もまんま演劇なのですよね。折角ややこしい設定を映像で伝えられるというメリットがあるのに、全部口で喋っちゃうからどうにも冗長。演技も舞台上から遠くの客に見せるスタイルが板についちゃってるせいか、どうしても大げさで不自然に思える。

結果として過剰なリアクションによる不思議テレビの説明だけで短い上映時間の半分以上(体感)を費やしている感じ。勿体ない。

後半に起こるトラブルをこのテレビを使って解決するのがこの映画のメインですが、辻褄合わせをしているだけのあっさりしたものに思えてしまうのも残念。

この辺も演劇ベースで分かりやすさを優先した結果なのかもしれないけれど、俺には合わなかった。逆に演劇好きな人は楽しめるのかもしれない。映画というより映像化された舞台演劇なんですよね。

「2分後の未来」ってものすごく荒木飛呂彦的で面白そうだと思ったんだけどなー。作中では「藤子不二雄のSF短編」って言ってたけどね。

あとメイキング映像で全編スマホで撮ってるのが分かって驚きました。それは素直にすごい。

アイの歌声を聴かせて

f:id:baumkuchen:20220116205050j:plain

タイムライン上での評価がものすごく高かったので上映終了直前に駆け込みで観てきたのですが、俺にはびっくりするほど刺さりませんでした。

極秘プロジェクトとしてAIロボットの素性を隠して高校に通うシオンと、AI研究者である母のスケジュールを覗き見してしまい、シオンの正体を知っているサトミ。

シオンは何故か「サトミを幸せにする」ことにこだわるものの、人間の幸せが何かがわからないシオンは突然歌いだすなどの奇行を繰り返し、正体を隠そうとするサトミは振り回される。

何も知らない無垢なAIが「幸せ」を学習し、サトミのみならず周りの人間を皆幸せにしていくハッピーハッピーストーリーなのですが、ちょっと登場する大人たちの頭がハッピーすぎなのでは、というのが率直な感想です。

シオンはサトミの母親が進退をかけたプロジェクトなんだけど、分かりやすく嫌味な悪役として描かれた支社長がプロジェクトを潰したくて仕方ない人なんですね。それに関して作中で説明されているのが「男社会で出世しているサトミの母親は妬まれている」「AIを怖いと思う人もいる」ぐらい。

前者は実験都市を作ってしまうような大企業がそのレベルかよ、としか言いようがないし、そもそも課長がミスしたら大喜びで潰しにくる支社長って何? 部下の出した成果が自分の手柄になる立場でしょアナタ。しかも相手はたかだかいち課長。支社長ともあろう者が一体何やってんの? ばかなの?

後者に至っては、終盤でサトミたちの邪魔をするガードロボットに対して「初めて機械が役に立った」とか言うんですが、そんなに機械が嫌いな奴がなんで先端AI企業で支社長やってんの? って話なんですよね。

社会通念に照らしてみると何故その立場に居られるのか分からないレベルの無能オブ無能が訳のわからない理由で邪魔をしてくる。この悪役がどう見ても嫌がらせのためだけに作られたようないい加減な造形なので俺はこの映画全体が茶番に思えてしまったのですね。

アホすぎる悪役というのはただのご都合主義と大差ないです。支社長じゃなくて出世競争をしているライバルの課長とかならまだ分からなくもないですが。

シオンはシオンで「みんなの幸せのために一生懸命なポンコツAI」という扱いなんですが、実際はあらゆる電子機器を一瞬でハックするオーバーテクノロジーマシンだし、それがサトミの幸せのためなら善悪問わずに何でもしかねないのも怖すぎる。

あるシーンで「純粋で健気なAIが迫害される」みたいな描かれ方をするんですが、人間がやったら普通に逮捕されるような事をやらかしてんだからそりゃそうだろと。ポンコツというより「超高性能なのに一般常識を持ち合わせないAI」なので、傍から見ればただの暴走ですよ。

なのでこんなAIを野放しにすんなよという意味では支社長に完全同意なんですが、先に書いた通りコイツにも全く共感ができないので、どこまでもストーリーが上滑りしていくし、こんなガバガバ極まるプロジェクトに進退をかけているサトミの母親もアホに見えてくる。

高校生の青春ストーリーや、人とAIの共存や幸せを追い求める主題を味わう以前に大人が揃いも揃ってダメダメ過ぎて全く入り込めませんでした。

とはいえ各所のレビュー評価は全体的に高いので、こう感じるのは俺の根性がねじ曲がっているせいだと思います。ホントすいません。

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ

f:id:baumkuchen:20220116215939j:plain

「悪」「残虐」を標榜して、実際は懐いた大型犬のようにかわいい宇宙生命体を描いた前作『ヴェノム』。

各方面からの「思ってたんと違う」の声をものともせずに、続編ではさらにかわいさを積み増してくるじゃないの。まあ前作のあの内容から急にダーク路線に移行されても困るので予想の範疇ではあるけれど。

エディとヴェノムの共存生活もすっかり板について、親友どころかもはやラブラブカップルというブロマンス路線を押しまくり。

俺はこれはこれで支持。だってヴェノムめっちゃくちゃかわいいんだもの。マーベル映画で一番かわいいヒーローですよこの子。

ヴィランはカーネイジ、しかも中の人はウディ・ハレルソンということで凶悪・残虐成分はそちらで受け持ってくれることを期待していましたが、思ったほど強くないし案外あっさりしたもんでした。クロスオーバーを考えてMCU準拠にしているのか、人は死ぬけどほとんど映さないし。

カーネイジはヴェノムとスパイダーマンがふたり掛かりでようやく撃退するような強敵という認識(メガドライブに基づく知識)だったのでやや拍子抜けではありますが、これはもうバトルじゃなくてエディとヴェノムのイチャイチャとか、かわいいヴェノムのほっこりライフを観る映画として全然有りなんだよなぁ。とはいえ、これがダメだって人の言うことも良く分かります。

いちおうダークヒーローなので画は全体的に暗いけど、内容はとことん明るいお気楽ムービー。初めからそれを期待して観れば超楽しいんですけどね。

前の

一覧

ガッデム病院 『マリグナント 狂暴な悪夢』他 ー 最近観た映画の感想

皮膚を売った男

f:id:baumkuchen:20211229193234j:plain

プロポーズ成功の喜びのあまり「革命」という言葉を使った動画が拡散され、投獄されてしまった男、サム。国外逃亡して難民となるも、海外へ移動する自由はなく、家に帰ることも恋人に会うこともできない。

サムはある有名アーティストからの提案で、背中をキャンバスとして提供することにより自らを「アート作品」とし、国外移動の権利を得るのだった。

アート、つまりは物品扱いされ続けることによってメリメリ削れていく人間の尊厳をシリアの内戦と難民問題に絡めて描いていく。

最初は良い生活に浮かれるも、展示を経るごとにみるみる死んでいくサムの目や、家族とのネット通話越し日に日に悪化していくシリアの内情、シンプルに美しい光の使い方など、見るべきところは非常に多いのだけれども、オチがちょっと。

ハッピーエンドは好きだけど、無茶苦茶取ってつけたような終わり方をして、それまで結構真に迫ってた脚本がいきなり嘘くさくなってしまった。

どっかに怒られて付け足したん? ってぐらい結末が分からん。なんでこんな終わり方にしちゃったの。

サムが飼ってる猫は最初から最後までかわいいです。

マリグナント 狂暴な悪夢

f:id:baumkuchen:20211229201920j:plain

連日悪夢に見る殺人事件が現実にも起こりだす、というホラー。

いやこれめっちゃめちゃ面白い。同監督の『死霊館』は正直ピンと来なかったのですが、全く別タイプのホラー映画である、ということだけ書いときます。

ポスターがなんかすげえ怖いんですが、映画本編はあんまり怖かったり痛かったりグロかったりはしません。ひたすらにエキサイティング。面白カメラワークも素敵だし、でっかい音でビックリ系でもないのでホラー苦手でも結構観られるタイプ。

そしてわりかし想像したものと方向性が変わらない真相が待っているものの、訳の分からん迫力と面白すぎる映像で圧倒してくるパワー型エンタメ作品です。

ばっちり完結しちゃってるけど、作れるものならこの作品の登場人物や施設を使って同一ユニバース作品とか作って欲しいわ。

(「魔城ガッデムみたいな病院」の意)

レッド・ノーティス

f:id:baumkuchen:20211229222916j:plain

豪華キャストで予算の大半を使い切ったんじゃねーかって感じ。

FBI捜査官と大泥棒と峰不二子が世界を股にかけてわちゃわちゃやる大活劇なんだけど、風景がグリーンバックのCG丸わかりなんですよねぇ。なんなら処理甘くて緑色の輪郭が見えちゃってるとこまであるし。萎える。

お話自体は警官と泥棒が追っかけっこしたりピンチには協力したり、峰不二子においしいところを搔っ攫われたりするド定番のやつなので好きな人は好きだと思います。

囚人ディリ

f:id:baumkuchen:20211229224159j:plain

パーティで犯罪組織に毒を盛られた警官たちを移送するために運転手として動員されたのは、たまたま居合わせた囚人のディリ。釈放を盾に取られてしぶしぶ協力することになる。

前後左右に分厚いおっさんが圧倒的暴力で戦うタイプのインド映画。インドのアクション映画はこうでなくちゃいかん。

腕力一発、って感じのアクションシーンは久々にこういうのが観たかったんだよ、と心が躍る。ダンスや歌もなく、非常にストイックな作り。

なんだけど、アクションシーンまでが長ぇんですよね……。

犯罪組織の妨害をかわしてトラックを走らせるロードムービーパートと籠城して犯罪組織の襲撃に耐える警察署パートが交互に展開されるのだけど、トラックは全然進まないし、警察署襲撃犯は「ドアが硬い木でできてる」とか言ってバンバン叩くばかり。猿なのかこいつらは。

膠着状態の描き方に無理があるので敵も味方もすっげえ愚鈍に見えちゃうし、話も間延びしてる。あと3~40分は切り詰めてもいいんじゃねーかって感じ。

こっちは戦うおっさんが観れりゃそれでいいんですよ。不死身に過ぎるディリや巻き込まれたビリヤニ屋の兄ちゃんとかはいいキャラだったし、最後の大暴れも無茶苦茶で良かったので非常に惜しい。

配信されたら自分でカットしながらもっかい観たい。

グリーンブック

f:id:baumkuchen:20211229231336j:plain

基本的に「感動的なイイ話」みたいな売り出し方をされてる映画ってあんまり観ないんですが、観たら観たでイイ話だったのでイイ話だなと思いました。

(だいたいこういう感想になるのが避けてる理由)

 

1962年、いまだ差別の根強いアメリカ南部で黒人ピアニスト、ドクター・シャーリー(ドク)が演奏ツアーを試みる。運転手に雇ったのはイタリア系白人の男、トニー。

金持ちインテリの黒人と、腕っぷし自慢のガサツな白人。正反対の凸凹コンビのロードムービーなんてのはこのサイトに書いたものだけでも『ノッキン・オン・ヘブンズドア』『ローガン』『バジュランギおじさんと、小さな迷子』といった具合で枚挙に暇がありません。

こういう属性が全く異なる人間同士のロードムービーはお互いの距離感の変化が見所のひとつだと思いますが、この映画は友情友情とベタベタしておらず、しかし確実に生まれていく互いへのリスペクトがいい。

最初はナチュラルに黒人を差別していたトニーが、旅のなかでドクが受ける理不尽を目の当たりにして本気で憤るようになる。それはドクの人柄に触れたこと、ドクの演奏に惚れ込んだことによるものだけれど、その変化が本当に自然に描かれているし、黒人差別という大きなものに対する憤りでないのもいい。

つまりは「こいつは立派ないい奴なのになんでそんな扱いをするんだ」という、素直な感情。偏見のフィルターが外れて、当たり前のように一個の人間として見ていることがわかる。それが個人へのリスペクトに立脚しているというのが非常にいいんですね。

トニーは「個人を尊重する」という差別の対極にあるスタンスに自然と変わっていき、ドクもそんなトニーを信頼する。

演奏旅行が終わり、旅の間に生まれた良い関係が結実するラストも本当に爽やかでよい。なにより、やってることが等身大で説教臭くないのがよい。

そりゃアカデミー賞とるわこれ。

グリーンブック(字幕版)

グリーンブック(字幕版)

  • ヴィゴ・モーテンセン
Amazon

前の

一覧

風呂とチキンとマ・ドンソク ー 最近観た映画の感想

メランコリック

f:id:baumkuchen:20211228103757j:plain

ニートの和彦がバイトに入った銭湯は深夜に洗い場を殺人の場として提供していた。

掃除は簡単、遺体はボイラーで焼ける。新しい銭湯の可能性を見いだした意欲作。見いだすなそんなもん。

ある日現場を目撃してしまった和彦は否応なしにこの銭湯の「ビジネス」を手伝うことになる。

良心の呵責に苛まれたりや足抜けのために悪戦苦闘するサスペンスになるかと思いきや、和彦君は予想外の収入に浮かれるが早いか、あっという間にこの異常な環境に馴染んでしまう。サイコパスかな?

上司も同僚もいい人だらけの優しい職場における、日常系のほほんお仕事映画。ごろごろ人死んでるけども。

めっちゃ殺したり殺されるような目にも遭ってるのに、ふんわりとハッピーエンドに着地して何故かじんわり良い気分になる謎の作風。

心が荒んで、優しい気持ちになりたいときに観るといいかもしれません。

人いっぱい死ぬけど。

エクストリーム・ジョブ

f:id:baumkuchen:20211228125516j:plain

韓国映画はバイオレンスとかサスペンスばっかり観てますが、コメディも相当レベル高いですね。配信は自宅でゲラゲラ笑いながら観られるので相性最高。

麻薬組織の摘発のために、組事務所の向かいにある潰れかけのチキン店を買い取った捜査チーム。不自然に思われないように偽装営業を始めたら、メンバーの一人が料理上手だったおかげでオリジナルのチキンがヒット、大繁盛して捜査どころではなくなってしまう。

立て続けに放り込まれるギャグはネタとしては結構古典的なものが多い印象なのですが、テンポも演出も良いので普通に笑える。やっぱり笑いは「間」が大事。

終盤に向けてどんどん「暖め」られていってるのが自分でも分かるし、喜んでその流れに乗っていける。

なんだかんだで刑事ものとしても構成もしっかりしてて、最後の大量摘発へなだれ込む展開は痛快のひとこと。

嫌う人があんまりいないタイプのひたすら楽しい映画なので、年末年始に大勢集まったタイミングで観るのもよいかと思います。

クライマックスに押収物のドラッグでガンギマリになってる新人刑事のジェフン君がかわいいです。

 

エターナルズ

f:id:baumkuchen:20211228135903j:plain

いきなり知らんヒーローを10人もぶっこんで来ても全く混乱しないほどに構成がしっかりしてるし、各ヒーローのキャラも立っている。

最近のハリウッドの無理矢理なダイバーシティ化が本作では顕著で鼻につく、みたいなコメントも目にしましたが、俺は断然肯定派です。全員属性がばらっばらなので誰が誰なのか分かりやすくて、新しいヒーロー物語の導入として非常に良い効果が出ていると思います。

なにより意図的に属性を散らしたおかげでMCUでマ・ドンソクが観れたし、マ・ドンソクがそのままマ・ドンソクなのも良かったです。他のメンバーがスーパーパワーで空飛んだりかめはめ波を出したりする中で、マ・ドンソクの能力は「パンチめっちゃ強い」なので、観てるとそれただのマ・ドンソクですよねってなるの最高です。

遥か昔から人類の発展を見守るエターナルズたち。その彼らが恋愛だ友情だ仲たがいだとわちゃわちゃやっているのはギリシャ神話の神にも通じる人間臭さ。というか彼らのうち何人かは実際にギリシャ神のモデルになってる設定なので、誰がどの神なのか考えながら観るのも楽しい。

話が神話レベル、全宇宙レベルのわりには皆さんあんまり強くなさそうなんですが、いずれも好感度高し。その中でもマ・ドンソクとアンジェリーナ・ジョリーのように恋愛ではない仲良しコンビがいくつかあって、それがまた良かった。

MCU映画としてはやや地味ではありますが、俺はかなり好きな方です。フェーズ4はよく知らないヒーローばっかだなあと思ってましたが、いやー、どれも面白い面白い。

 

アンテベラム

f:id:baumkuchen:20211228145140j:plain

ゲット・アウト』『アス』(未見)と同じプロデューサーということで、前2作と同じく人種差別をベースにしたサスペンスホラー。

ロッテントマトなんかだと評価の高い『ゲット・アウト』に比べて、結構ボロカスに言われているものの、俺はこちらの方が好きだったりします。

興味を持たれた方は以下を読まずに観ることをお勧めします。ネタバレはしませんが、勘のいい人が何かに気づいてしまっても責任とれないので。

 

どちらもぶっ飛んだ真相にぶん殴られるタイプの映画ですが、ぶっ飛び過ぎてB級ホラーの次元にまで飛び去ってしまった『ゲット・アウト』に対して、この『アンテベラム』で起きていることは(ちょっとだけ)現実味が増しており、その分逆に恐ろしい。

南北戦争当時の黒人奴隷の女性と、現代の社会学者の黒人女性にフォーカスをあてて、ふたつの時代を行き来しながら、物語は進んでいく。

女性はいずれもジャネール・モネイが演じており、言うまでもなくこのふたりの人物になんらかの関係があるということが示唆され続けるわけですが、そのリンクが明らかになる瞬間、何が起こってるのか分からずに混乱するのが楽しいです。

ただでさえキツい奴隷虐待シーンが、真相を知ることで数倍エグくなる構成が見事。こういう風に一度観たシーンの印象が後から塗り替わる映画、好きです。

 

前の

一覧

仏版シグルイ『最後の決闘裁判』他 ー 最近観た映画の感想

DUNE / デューン 砂の惑星

f:id:baumkuchen:20211127193817j:plain

古参SFファン待望の超大作SF小説、ついに(ちゃんとした)映像化! ってとこなんでしょうが、原作や今回の映像化にいたる歴史を知らずに観た俺にとっては正直退屈でした。

壮大な設定、中世と未来が混ぜこぜになった巨大機械やSFガジェット、複雑な設定に裏付けされたであろう美術の数々。映像としてはとても壮大かつ美しいんだけど、上映時間2時間半もあるのになかなか話が進まねぇので眠くなる。

たっぷり時間をかけて「俺達の戦いはこれからだ」で終わり。前後編か3部作かは知らないけれど、これが未完の「Part1」だなんて予告で言ってなかったじゃん、って思いました。ようやく話が動き出した、ってとこで終わるんだよなぁ。まあここまで付き合ったんだから次もたぶん観ますけどね。

正直なところ、後から観た『ホドロフスキーのDUNE』の方が数倍面白かったです。昔DUNEを映画化しようしたけど断念した経緯をアレハンドロ・ホドロフスキー監督が語るドキュメンタリー映画。ホドロフスキーというおっさんはいちいち頭のおかしい人で最高なのでおすすめ。

先にこっちを観とけば今回のヴィルヌーヴ版ももっと楽しめたかもしれない。

ホドロフスキーのDUNE(字幕版)

ホドロフスキーのDUNE(字幕版)

  • アレハンドロ・ホドロフスキー
Amazon

それはそれとして嫁さんに描いてもらったポッドキャストのサムネはお気に入りです。

「こんな感じで」とお願いしたらそんな感じになったと思います。ニャーン。

f:id:baumkuchen:20211127223917p:plain

死霊館

ポスター画像

実在した心霊研究家、ウォーレン夫妻の事件簿になる死霊館シリーズの1作目。

この頃『死霊館 悪魔のせいなら、無罪』の予告をやたら観たのでサブスクにあったこれを試しに観てみたんですが、エクソシスト系のホラーってあんまりピンとこないな、というのが分かっただけでした。

へレディタリー/継承』のときも思ったんですが、宗教観が違うせいか悪霊やら悪魔やらの恐怖があんまり伝わってこないんですよね。死霊さんも突然目の前に現れてビックリさせる以外にはポルターガイストぐらいしかやってこないし。

エクソシストものなら聖痕から吹き出す炎で着火した後、聖水をくべて丸焼きにするとか、聖なるメリケンサックで悪魔憑きを殴り倒すとか、そういうトンチキ除霊アクションに振ってくれた作品が好きですね。それはもはやホラーじゃないですが。

死霊館(字幕版)

死霊館(字幕版)

  • べラ・ファーミガ
Amazon

最後の決闘裁判

ポスター画像

これは非常に良かった。

久々に「よし、お前らみんな死ね」となるタイプの胸糞映画。そして俺はあんまり胸糞映画好きじゃないんですが、それでも「これは観て良かった」となる作品はあって、この映画はそれ。

夫の不在中に知人に暴行された騎士の妻。濡れ衣だと訴える知人の男。双方の訴えを受けて、戦い、生き残った方の主張が真実と認められる「決闘裁判」が執り行われることとなる。

それを娯楽としか考えていない狂王の御前で、命と名誉を賭けた果し合い。シチュエーションは完全に『シグルイ』ですねこれ。男が勝手に盛り上がって女が振り回されるあたりも含め。

3部構成で夫の視点、暴行した男の視点、妻の視点と同じ事件が3回描かれるのだけど、まあ男共がどちらもクソ野郎でして。「妻は夫の所有物」という価値観のもとで、妻の人間としての尊厳は徹底的に踏みにじられまくる。

男共がどちらも自分に都合よく記憶している出来事の真実を第3部では妻の視点で見せられる。彼らのクソムーブはどこまでも傲慢かつ身勝手、そしてシンプルにキモい。

「ああ……決闘で刺し違えて両方とも死ねばいいのに……」と間違いなく思えるこの手腕。そして決着後のジョディ・カマーの虚無としか言いようのない顔。

経緯も結果も最悪に後味が悪く、そんな気分に人を叩き込める名作と言えます。

あと完全装備の重騎士同士による決闘は大変に野蛮で迫力があって良かったです。

男の都合で国家に裁かれる人の顔。

9人の翻訳家 囚われたベストセラー

ポスター画像

世界的大ヒットをしたベストセラー小説の完結編となる第3作目。世界同時発売のために集められた9人の翻訳家は発売前のネタバレ流出を防ぐため、契約への合意のもと、外部への通信不可能な閉鎖環境にカンヅメとなり各国言語への翻訳を行うこととなる。

資産家所有の地下シェルターを流用した巨大な地下室はふんだんな資料に加え、豪勢な食事や娯楽も完備、出入りの不自由を除けば仕事をするには支障のない快適な環境。翻訳家同士も打ち解け合い、快調に翻訳が進みつつあったある日、極秘のはずの小説冒頭10ページがネットに流出、500万ユーロの支払いを求める脅迫メールが出版社社長のもとに届くのだった。

殺人事件ではないですが、シチュエーションだけで言えば「密室」で「館」なミステリー。こういうのはどんなに伏せようとしても感想にネタバレの匂いが乗ってしまうので余計なことは書きません。観ながら勝手に真相を想像して、それぞれ騙されたり見破ったりしましょう。俺はトリックや犯人の目的など、結構好きな感じのミステリーでした。

ひどいパワハラ野郎の出版社社長がどんどんダメージを受けていくたのしい映画です。

ポッドキャストはネタバレ祭りで感想言ってます。

前の

一覧

面白殺し屋ユニバース『最強殺し屋伝説 国岡 [完全版]』他 ー 最近観た映画の感想

昭和歌謡大全集

f:id:baumkuchen:20211110225512j:plain

(※ネタバレです)

コスプレをして昭和歌謡を歌うのを趣味とする若者たち。

この時点でもう意味がわかりませんが、なんかそういう集団がいるんです。そのうちの一人が唐突に通りすがりのおばさんを刺殺したことから、血で血を洗う抗争が勃発しました。調布で。

仲良しおばさんグループは犯人を突き止め、包丁を棒にくくりつけスクーターで突進、ランスチャージよろしく報復。若者はチャンチキおけさのメロディーにのせて血と小便を撒き散らし息絶える。

そして仲間の死を悼んだ若者グループは遥か群馬県の金物屋でトカレフを入手、おばさんたちへの復讐を企て……。

その後は昭和歌謡と共に銃殺・刺殺・ロケットランチャーで数人バラバラになったりしながら、最終的には調布市が吹き飛んで全員死にます。

完全にオチまでネタバレしてますが、事あるごとに「なんだこれ……」って思いながら観るのが楽しいので、正直なところストーリーはクソどうでもいいです。

過去に何があったんだってぐらいおばさんを敵視する金物屋の原田芳雄や、ブリの美味しいところを力説する武器ブローカーの古田新太など、殺し合っている若者やおばさんよりもサブキャラのほうが遥かに面白い。

本筋と全然違うところの方が楽しめるという、なんというか面白いクソゲーみたいな映画でした。なんでこれ映像化したんだ。

クリスマス・ウォーズ

f:id:baumkuchen:20211114230231j:plain

日頃の行いの悪さでクリスマスプレゼントに石炭を贈られたクソガキがサンタクロースを逆恨みして殺し屋を送り込むお話。

一方のサンタも数百年オーダーでこういう仕事やってるとそういう輩がよく来るんだよね、と迎え撃つ。

近年はプレゼントを貰えるような「良い子」の減少により、出来高で政府から支払いを受けているサンタの生活は苦しい。

そのためおもちゃを作るはずのサンタ工房で軍需用品を作りだしたり、工房で働いている妖精さんたちの労働条件がブラックだったりするなど、ブラックジョークとして色々面白くなりそうな要素はあるものの、全体としてはハジケきれずに少々退屈。殺し屋がサンタの居場所を突き止めて対決するまでのくだりが長いんだよね……。

あとメル・ギブソンは一度もサンタ服着ませんでした。

↓ ポッドキャストで感想喋ったやつです

最強殺し屋伝説国岡 [完全版]

f:id:baumkuchen:20211114232707j:plain

1ヶ月の間に4たび阪元裕吾監督作品。

関西殺し屋協会に所属するフリーの殺し屋・国岡の生活に密着取材をしたという体のモキュメンタリー。これも面白いなぁ。

2018年に公開された無印版のアップデートになるのかな。おそらく撮影時期は観た4作品の中では一番古くて、予算もあまりかかっていないのは明白。

それなのにもうこの時点で『ベイビーわるきゅーれ』に繋がる世界観がしっかり出来上がっていて、日常と地続きの面白殺し屋ユニバースがそこにある。あまりにもあっさりとして緊張感があったりなかったりする命のやり取りにニコニコしてしまう。やっぱりこの監督にはバイオレンスだけでなく日常も描いて欲しい。

他の人のようにきちんと社会に適応できないから、仕方なく殺しで生計を立てているという国岡。しがらみが嫌でこの業界に入ったのに、殺し屋同士の仕事の取り合いや、ウザ絡みの説教したがりオヤジ、とんでもないクレームを入れてくるクライアントなど、殺し屋の世界にもしっかり面倒くさい人間関係はあるのだった。

ストロングゼロを片手に愚痴を垂れるシーンは迫真の演技というかおそらく素。友達とダベったり、地方での仕事の後に現地の居酒屋に入るシーンの会話やカメラの生っぽさなども低予算が逆に良い方向に行っているように思います。

ラストバトルはちょっと長くて似た動きが多く、少々ダレるなという印象。とはいえまだまだ経験が浅いはずの若い役者の皆さんがこれだけ動けるのだから、出演者の今後にはめちゃめちゃ期待しております。

むやみに飛んだり跳ねたりしないアクションが個人的に好みです。

007 ノー・タイム・トゥ・ダイ

f:id:baumkuchen:20211117000313j:plain

ダニエル・クレイグ版の007シリーズを1本も観ていないどころか、1作目の『007 ドクター・ノオ』の導入部だけを観たっきり放置している「007何も分からん」勢でしたが、いきなりダニエルボンド完結編のこれを観ても十分面白かったですよ。

やっぱり王道は強いというか、全然観たことないのに既視感を感じるわけです。あらゆるところで模倣されまくっている画角や演出を大変ゴージャスに見せつけてくる。

そうなると「なんか観たことあるなぁ、つまんねぇ」じゃなくて、「おお、これが本家本元か!!」ってなるの面白いですね。

とにかく1枚画にしてもその気合が伝わってくるかのような美しいシーンが多くてそれだけで結構満足できちゃう。

最初の街中のカーチェイスだけでも、あの古くて美しい街並みの中で実際に撮ってると思うんですが、どんだけ金と手間がかかってんだか。

もちろん金かかってるからいい映画とは限らないんですが、この時期低予算映画を立て続けに観ていたところだったので、大作映画がちゃんと大作映画であるというだけでちょっと感動してしまったようなところはあります。

これを2000円弱で観れるのだから、劇場で映画を観るというのはコスパのいい娯楽だと思うのですよ。

話自体はジェームス・ボンドという男に全く思い入れがないので特にこれと言って思うところはないのですけども。いろんなところで言われてますが、アナ・デ・アルマスのアクションが良かったです。床に寝そべって銃を2連射するところを真上からのカメラで捉えたりとか。

ダニエル・クレイグとアナ・デ・アルマスの組み合わせは『ナイブズ・アウト』でも観ていたので、ふたりとも役どころが全く変わっているのは面白かったですね。

前の

一覧

メガネをかけるかかけないかで延々殴り合う映画 ー 最近観た映画の感想

ある用務員

f:id:baumkuchen:20211024192816j:plain

ベイビーわるきゅーれ』をいたく気に入ったので、過去の阪元裕吾監督作品をいくつか観ております。

恩義のあるヤクザの親分の娘を、高校の用務員に扮して密かに護衛する男の話。親分の死を機に大量に送り込まれた殺し屋から娘を守るアクション映画。

その辺の一般人っぽい殺し屋がわらわら登場する辺りが『ベイビーわるきゅーれ』にも通じる世界観を感じさせます。というか、『ベイビーわるきゅーれ』の二人組もコンビの殺し屋(別人)として出演しています。

阪元作品はこの後『黄龍の村』とか『最強殺し屋伝説国岡』なんかも観るんですが、中でもこれは一番シリアスでアクションに振った作品。

最近の作品だけあって完成度は高い方だけど、一番無難な感じでもあり。阪元作品の面白さってアクションやバイオレンスだけではなく、日常パートにおける妙なリアリティというか、それを生み出す小ネタのはさみ方や人物描写にもあると思うので、魅力の一部を自ら封じてしまっている気はします。

ニコニコしながら敵も部下もサックリ殺すラスボスのキャラクターとかすごく良いんですが、まあそこそこ普通の映画だなと。

ある用務員

ある用務員

  • 福士誠治
Amazon

サンズ・オブ・ザ・デッド

f:id:baumkuchen:20211024232540j:plain

ゾンビ禍の街から逃げ出すため、車で飛行場を目指し走る主人公と恋人。なんか色々あって車がスタック、単独で歩いてきたゾンビに恋人が食われる。

という導入を速やかにこなし、「砂漠のど真ん中でゆっくり歩くタイプのゾンビから延々逃げ続ける」という面白シチュエーションへ早々に突入します。

立ち止まると死ぬという点で『死のロングウォーク』を連想します。それと同様に極限状態に追い込まれた人間の心理がどのような変化を迎えるか、というのが見どころだと思うのですが。

諦めずにどこまでもついてくるゾンビに悪態をつきながら、孤独に耐えて歩き続ける主人公。ついには惟一の話し相手、健気なゾンビに情が湧きます。

いや、そうはならんだろ。

随所でそんな感じの変な笑いが出るんだけど、このずっと半笑いになってしまう感じというのが案外好きです。ゾンビつながりというわけではないですが『高慢と偏見とゾンビ』や『ロンドンゾンビ紀行』を観たときのような。あるいは無人島でバレーボールと喧嘩する人を観たときのような。

極限状態での狂気を描いている、というようなことは全然全くこれっぽっちもないB級バカ映画ですが、ずっと真顔でボケ続けてる人たちを眺めたい向きにはおすすめです。

いや、別におすすめではないわ。ごめん。俺は好きですが。

黄龍の村

f:id:baumkuchen:20211030190717j:plain

阪元裕吾監督作品3本目。これはめちゃくちゃ面白かったわー。

ミッドサマー』なんかと一緒に「村ホラー」というジャンルに括られるらしいんですが、人里離れたカルト集団の村に迷い込んだ他所者の恐怖体験を描くやつです。

確かにジャンルとしてカテゴライズできるぐらいには似たようなシチュエーションのホラー作品は多い気がします。が、この映画は途中からとんでもない方向に舵を切ります。

こんなもん絶対ネタバレしちゃ駄目なやつなので何も書けませんが、66分というかなり短い映画であるにも関わらず十分な満足感があるのは脚本の意外性からくる「盛りだくさん」感によるものだと思います。

ベイビーわるきゅーれ』や『ある用務員』と比べても低予算であることが露骨にわかる作りなのに、最早それすら面白い。

典型的な村ホラーのテンプレに則って、糞ウザいウェイ系の学生たちを殺していくんだけど、部分部分で妙にチープで「笑ってはいけない」みたいになってるのが逆にリアルに思えたりするわけです。

「昔から続けているけれど、もう理由も分からなくなってるので儀式の作法がだんだん適当になってきてる」的な。生贄の肉をバーベキューコンロで焼くんじゃない。笑うだろ。

上映館は少ないですが、観られる環境にあるのなら是非おすすめしたい。

ちなみに先日始めたポッドキャストの1回目がこの映画の感想になります。

ネタバレしかないので観てない人は聴かないほうがいいです。というか聴かないでいいので観ましょう。

自ら視聴者を減らしていくスタイル。

ゼイリブ

f:id:baumkuchen:20211030211857j:plain

異星人による地球侵略は既に始まっていた。人間に擬態した異星人を見抜くサングラスを手に入れて真実を知ってしまった男はレジスタンスの一員となる。

あらすじだけは知ってて前から観たいと思ってたんですが、そのストーリーはさておき、サングラスをかけることで明らかになる「真実の世界」のビジュアルがめちゃめちゃ面白いんですよね。

骸骨みたいな異星人もいいデザインですが、広告や新聞・雑誌の内容がアホほどシンプルに要約される画が非常に皮肉が効いていて良い。

f:id:baumkuchen:20211030212838p:plain

「OBEY(従え)」「NO THOUGHT(考えるな)」「CONSUME(消費しろ)」。こういうディストピアが現実ですよ、という資本主義に対する風刺は30年前の映画にもかかわらず未だ全く違和感がない。異星人のヒトたちは毎日これしか見えてないと思うんですがそんな星侵略してて楽しいんだろうか。

こういう唯一無二のビジュアルに加え、ワープしたり星間移動ができるほど文明が発達しているのに抵抗勢力を潰すのに警察権力を使う異星人とか、サングラスをかけるかけないで揉めて路地裏で殴り合うだけのシーンがやたらと長かったりとか、いい具合にツッコミを入れたくなるポイントも内包しており、カルト映画として語り継がれるのも納得の作品です。

この作品自体は飛び抜けて面白いというわけでもないのですが、引用のし甲斐があると言いますか。たまたまこのツイートがふと目に入ったときには大笑いしました。

どんなことでも知識として持ってると色々楽しめることが増えていいよね、という話。

ゼイリブ (字幕版)

ゼイリブ (字幕版)

  • ロディ・パイパー
Amazon

前の

一覧

『ベイビーわるきゅーれ』に最高すぎるアクションを見た ー 最近観た映画の感想

オールド

f:id:baumkuchen:20211005230442j:plain

初シャマラン。『シックス・センス』も観てません(オチは知ってる)。

超スピードで加齢する謎のビーチに置き去りにされたリゾート客たち。脱出方法を模索する間にも一人ひとりと死んでいく、というスリラー。

仕掛けは「加齢」一本で超シンプルなので、予告を観て想像したそのままの映画でした。人の一生がビーチで超加速。よってトラブルも2時間弱の映画に超圧縮されて発生しまくります。

髪や爪が伸びない理屈とか、排泄はどーなってんのとか、成長した子供たちが異様に賢くなってるとか、細かいツッコミを入れようと思えばいくらでもできてしまうのですが、そこはどうでも良いんだよ、と分かってやってるんでしょうからいちいち指摘するのは野暮ってもんでしょう。

眩しい夏の日差しのもと、次にどんなイヤな事が起こるかとワクワクしながら観るのが正しい鑑賞態度だと思いました。言いたいこと、見せたいものはよく分かりますが、個人的には「人生の意味」とか読み取るほど深いメッセージ性を感じる映画ではないです(そういうレビューを見た)。

繰り返しますが、良くも悪くもびっくりするほど予告の印象そのまんまの映画なので、予告を見て面白そうだと思ったなら、その想像通りの映画が観れると思います。

あと、当然ながら子供はメキメキ成長するので、それに応じて演者が入れ替わるのですが、「年取ったらこうなりそう」という役者をスムーズにつないでいるのがすごい。

f:id:baumkuchen:20211007231841p:plain

こんなにアレックス・ウルフ(『へレディタリー/継承』のクソ兄貴)に成長しそうな子供をよく見つけてきたな、という感想に尽きます。

ベイビーわるきゅーれ

f:id:baumkuchen:20211012215734j:plain

邦画で。アクションで。低予算で。今年ベスト級の映画が来たことに俺は感動してるのですよ。何これ面白え! 邦画でこんなの観れんの!? っていう。

とにかくクライマックスのアクションのクオリティが無茶苦茶高い。高い身体能力を活かした超高速格闘!! 邦画でこのレベルのを観るのは始めてだわ。主演の一人、伊澤彩織さんはスタント出身っつーことですが、こんなんもうアクションスターじゃん……。

よく引き合いに出されている『ジョン・ウィック』シリーズの近接ガンアクションや『ザ・レイド』の打撃戦はもちろんのこと、個人的には『イップ・マン』シリーズの高速連打や『リベリオン』ラストの射線の捌き合いなんかも連想しました。

それぐらい多くの要素が一つの殺陣に込められて流れるように展開していく。それがワイヤーアクションや特殊効果なしに身体ひとつで繰り広げられるわけですよ。

俺、マーゴット・ロビーのハーレイ・クインを観るたびにこのキャラクターの強さに納得いかねえ、って言ってるんですが、それに比べてこの映画の説得力ったらねぇですよ。だって実際に素人には出来ないレベルの動きをやってんだもん。低予算だからこそ嘘や誤魔化しが無いことが明らかなわけで。(殺陣つけてる時点で虚構ではあるのですが)

しかも「アクションが最高」は単なる一要素にすぎません。脚本や演出、出演者の演技のレベルも相当高い。

一般人に紛れて生活している女子高生殺し屋コンビが、高校卒業を期に「表の顔」としての社会人と殺し屋の兼業を組織から指示される。ふたりはこれまで通り殺しのお仕事をしながら、自活生活やバイトなど一般社会に適応するために悪戦苦闘していく、というお話。

「市井に潜む殺し屋」って設定は結構ありふれていて、日本の作品だけでも古くは『必殺シリーズ』、今なら『ザ・ファブル』や『バイオレンスアクション』、女子高生殺し屋なら『デストロ246』なんてのもありますし、他にも枚挙に暇がない。

ちょっとゆるめの日常と、殺し屋稼業のギャップを描く。うん、よくあるある。よくあるんですが、本作は日常の比重が非常に大きく、かつ「日常系」作品としてのクオリティまでもが異様に高い。

器用にそつなく人付き合いをこなして社会に適合していく「ちさと」と、コミュ障でバイトも決まらない「まひろ」という正反対のキャラクターの同居生活。「殺し」と「日常」に境界のない生活の中での掛け合いや、世の中のちょっとした生きづらさ、正反対のふたりの仲違いや仲直りなど、自然に軽妙にコミカルに描く。

アクションはまひろ役の伊澤彩織さん(と、ラスボス役の三元雅芸さん)の独壇場でしたが、日常パートはちさと役の髙石あかりさんが素晴らしい。

他人と絡むシーンが一番多いから目立ちやすいというのもありますが、とにかくこの映画の土台とも言えるギャップ・二面性といったところを見事に体現。

凶暴性をむき出しにする演技、ピンチに「スン」と冷静に振る舞う演技、ちょっと多動症っぽく相棒に絡む日常の演技。表面上はうまく社会に馴染んでいるが、うっすら漏れ出すヤバさをきっちり表現しており、絶対「やらかす」のはこっちの子だと思わせて実際そうなるの最高ですね。

ちなみに一番好きなのは二面性とか関係なく最初のバイトで生クリームの盛り付けにいっぱいいっぱいになってるとこです。

悪役やサブキャラも大変良い味でして、特に組織の事務方とのやり取りや「掃除屋」に説教されるところなど、殺しと地続きの異様な日常を脱力感と共に馴染ませつつ、この世界における裏社会のありようを感じさせて非常に上手い。このまま『ジョン・ウィック』のコンチネンタルみたいに膨らませて、今後の作品と合わせて独特の殺し屋ユニバースを構成していったら面白いなと思います。

よくある設定ながら、これまで見たことがないタイプの作品に仕上がっているのが素晴らしい。こういう気の抜けた感じというのは邦画ならではという感じがします。日本人は何でも日常系に仕上げる習性があるしね。

惜しいのは、台詞が聞き取りづらい部分が多々あること。まあ邦画にはありがちな話ですが、もしディスクが発売されるなら(ていうかしてくれ。買うから)価格が上がってもいいから日本語字幕をつけて欲しいところです。

しかしコレ撮った阪元裕吾監督が25歳と知って思わず声をあげるほど驚いたのですが、こうやって若い人が頭角を表してくるの最高ですね。出演した役者さんたち共々、ぜひとも売れていっていただきたい。そうすれば今後20年30年と楽しめるから。

フリー・ガイ

f:id:baumkuchen:20211017100227j:plain

犯罪ゲームで襲われるだけのモブキャラ銀行員、「ガイ」がプレイヤーに恋をする。決まったルーチンで動くだけだったはずの彼のAIには変化が生じ、やがてゲーム世界を救うヒーローへと生まれ変わっていくのだった。

死ぬほど前向きでいい映画だと思いますよ。「人はなりたいものになれる」的な。ただ『ベイマックス』のときにも思ったけどディズニー流のクソポジティブな映画はのど越し良すぎて俺はうまく味わえないのですよねえ。20世紀フォックスもすっかりディズニー色になったもんだ。

大迫力のカタストロフが繰り広げられても「ゲームのデータだしなぁ……」って思っちゃう。仲間との別れも「この映画なら後で復活するだろう」と確信できて、実際そうなるし、悪役は最後に打ちのめされるためだけに愚かな行動ばかり取る。

ずっと「予定調和」って言葉が頭にちらついて素直に楽しめなかったというのが正直なところ。こういう綺麗な映画は夢いっぱいの中高生が観るべきだな。普通に面白いですよ。普通に。

あと現実側から見たゲーム画面が中国スマホゲーのクソ広告みたいなのはものすごく面白かったです。

前の

一覧