読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の面白さについて考える

ゲーム

f:id:baumkuchen:20170326173643j:plain

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(以下BotW)をやっています。現在プレイ時間27時間ほど、メインクエストが半分ぐらい終わったところです。このゲーム、すげえ面白いと思うので現時点での感想を書きます。ネタバレはないと思います。

 まず俺のゼルダ歴を書いておくと

  • 「ゼルダの伝説 神々のトライフォース (1991)」ー クリア
  • 「ゼルダの伝説 時のオカリナ (1998)」ー 序盤で積み。水の神殿にすら行ってない
  • 「ゼルダの伝説 風のタクト (2002)」ー 葉っぱで空飛びだした辺りで積み

 俺には3Dゼルダ向いてないんだろーなという自己判断で以降はスルー。携帯機で2Dゼルダをやる気もせず、今回が15年ぶりのゼルダになります。

 さらにオープンワールドのゲームはこんなもん。

  • 「GRAND THEFT AUTO (1997)」ー 積み。PC版初代の2D見下ろしのやつ
  • 「COURIER CRISIS (1998)」ー 積み。難しい
  • 「INFAMOUS (2009)」ー クリア
  • 「Batman: Arkham Asylum (2010)」ー クリア
  • 「Skyrim (2011)」ー 序盤で積み
  • 「FALLOUT4 (2015)」ー クリア。全勢力のエンディングまで

 いわゆるサンドボックスタイプのゲームはやったことがありません。そのぐらいの薄めなゼルダ歴およびオープンワールド歴の人間の感想だと思ってください。

続きを読む

「トリプルX:再起動」観てきた

映画

f:id:baumkuchen:20170226002546j:plain

 ひとことで言えば「バカが観て喜ぶ映画」。すなわち俺、大歓喜。なんだよもうバカ。大好き。

 俺、アクション映画は好きなんですが、現代物のタフガイがカーチェイスして銃撃戦して無双して爆発してドカーンみたいな予告にそそられることってあんまりないんですよね。だってどの予告も同じに見えるんだもん。

 それは俺が「ヴィン・ディーゼルでもジェイソン・ステイサムでもいいじゃんどっちもハゲだし見分けつかねえよ」程度の認識能力しか持ち合わせてないからなんですが、じゃあなんでわざわざこれを劇場まで観に行ったかと言えばドニー・イェンが出てるから。

イップ・マン」を観てからというもの俺はすっかりドニー・イェンのファンでして、予告でガンガン暴れてるわポスターでしれっと主役ポジションに陣取ってるわで俄然興味が湧いたのです。

 2002年の初代トリプルXをレンタルで観てからいざ劇場へ。果たして予告は予告詐欺などではなく、フルスロットルで動き回るドニー兄貴を眺めるための映画でした。最高だったよ!!

続きを読む