ただ、飯を食うために大阪へ その2

スポンサードリンク

f:id:baumkuchen:20160523185716j:plain

 あらすじ。ウコンの力の力で二日酔いを免れたのでウコンの力は神。

 

2016/05/17

 3日目。

 服を3日分しか持ってきていないので、コインランドリーを探す。ホテルのランドリーサービスにしょぼいTシャツ出すのもなんか恥ずかしいし、料金も高くつくしね。

 検索をかけて、天五のあたりに一件発見。ついでに朝飯食うところも探す。

f:id:baumkuchen:20160528171210j:plain

 斬新なビジュアルで有名なスーパー玉出。見た目だけでなく名前も完璧で、初見は誰もがパチンコ屋と間違うスーパー玉出。

 

f:id:baumkuchen:20160528171516j:plain

 臆することなく堂々と描かれたネズミの画と公明党ポスターのコラボ。大変に楽しい世界観といえます。やったぜ。

 

f:id:baumkuchen:20160528172659j:plain

 天神橋筋沿いにあった適当なチェーンの定食屋に入りました。

 

f:id:baumkuchen:20160528172909j:plain

 朝定食380円。こういうのでいいんだよこういうので。

 ていうか昨晩が食べ過ぎ飲み過ぎであんまり外食然としたものが入らない。

 

f:id:baumkuchen:20160528173235j:plain

 天五中崎通商店街に入ってコインランドリー。シャボーン。

 洗濯が終わるまでその辺を散歩。

 

f:id:baumkuchen:20160528173900j:plain

 はい。

 

f:id:baumkuchen:20160528174012j:plain

 中崎町のあたりは古民家カフェや古民家カフェバーや古民家雑貨カフェといったオシャレ古民家カフェ戦国群雄伝地帯となっておりますが、ちょっとずれて大阪環状線沿いを歩くと実に俺好みでいい感じの道。古くて小奇麗でもなく活気があるわけでもなく。それでいて確かに生活の営みが感じられる道が好きだ。

 

f:id:baumkuchen:20160528175537j:plain

 洗濯物を終えてホテルに戻ればもう昼どき。グランフロントを北側に通り抜けて飯を食いに向かう。

 

f:id:baumkuchen:20160528180203j:plain

 ひと駅分歩いて、たけうちうどん店。昼食が連日うどんにならないように一日あけた完璧なスケジュールである。

 

f:id:baumkuchen:20160528180915j:plain

 麺がつやぴかで美しい……。

 看板メニュー、とり天ぶっかけの冷や。とり天は下味がしっかりついていて、とり天というかほぼ唐揚げ。まあ名前はなんでもいい。それ単品でも定食メニューとして通用するような大きくてジューシーなとり天が5個も。揚げたてサクサクもうまいし、出汁に浸かってすこし柔らかくなった後半もうまい。

 そしてうどん。以前と食感が随分変わった気がする。もっとガッシリした感じのうどんだった記憶があるんだけど、「踊るうどん」と同じ方向性のやわらかくてもっちりとしたうどんになっている。なんか記憶よりも好みの味になってるぞ!!

 とり天目当てで行ったけれど、これは嬉しい誤算でした。

 

f:id:baumkuchen:20160528183418j:plain

 腹ごなしに寄り道、阪急古書のまち。連なる古書店群の守備範囲がそれぞれ違っていてしっかり住み分けできているのが面白い。

 

f:id:baumkuchen:20160528183634j:plain

 美術館・博物館の展示目録がずらっと。コレクターの気持ちがちょっと分かる壮観さ。

 

f:id:baumkuchen:20160528184256j:plain

 ヨドバシ梅田とグランフロント。こうして見るとちょっと頭のおかしい大きさだなヨドバシ。

 この後ホテルに戻り、例によって昼寝。夜に備えて胃薬を飲むなど。

 

f:id:baumkuchen:20160528204557j:plain

 晩飯は再び天満方面へ。折角なんで天神橋筋商店街を冷やかして歩こうということでまずは夕方の大阪天満宮から。賽銭を投げ入れて、旅行のあいだ体調を崩さずに最後までおいしくご飯が食べられるよう祈願する。俺は菅原道真公に何を祈っているのだ。

 

f:id:baumkuchen:20160528205323j:plain

 門の下で何かしている嫁さん。

 

f:id:baumkuchen:20160528205819j:plain

 そういやこんなのありましたね。補修されたのか、いやに綺麗な気がする。

 

f:id:baumkuchen:20160528210104j:plain

 天二へ。天神橋筋商店街は日本一長い商店街ということで有名ですが、その実態は丁目ごとに区切られた別々の商店街の集合体。天一から天七までありますがアーケードにもそれぞれの特色があって退屈しません。

 

f:id:baumkuchen:20160528211659j:plain

 天三。俺の中にはちょっと小奇麗なイメージあり。区画ごとに色違いの鳥居が吊られている。「真朱」とか「浅葱」とか色で区画を呼称してたりしたらなかなか小粋だと思いますが実際どうなんでしょうね。

 

f:id:baumkuchen:20160528212611j:plain

 天四は星4つのてんとう虫の意匠。

 天満駅と扇町駅があり、常に人通りの多いエリア。

 

f:id:baumkuchen:20160528213333j:plain

 大阪在住時、よく嫁さんに引きずり込まれてた店がここにある。 

 

f:id:baumkuchen:20160528213937j:plain

 前を通るたびにとりあえず撮影してしまうスーパー玉出。

 

f:id:baumkuchen:20160528214123j:plain

  天五はちょっと道が細くなってゴチャゴチャ感が強調されてよろしい。が、ここは通り抜けずに個人的に天満のメインエリアである天満市場の方へ折れる。

 

f:id:baumkuchen:20160528215407j:plain

  この路地裏感。好き。

 

f:id:baumkuchen:20160528215621j:plain

 立ち飲みなんかもある。この辺の店のビニールカーテンで仕切られた「半屋台」感が実にいい。どこで飲んでも楽しそうでね。

 

f:id:baumkuchen:20160528220137j:plain

 この日のお目当ては「上海食亭」。日が長いので19時前でも結構空は明るいものの、この店のある区画は真っ昼間でも薄暗い。その胡散臭い雰囲気がたまらん。

f:id:baumkuchen:20160528220859j:plain

 厨房(写真左端)と客席が道を挟んで向かい合わせ。閉まってるシャッターの老朽化具合で場の年季が伝わるでしょうか。

 

f:id:baumkuchen:20160528221241j:plain

 真っ赤な店内に裸電球。

  

f:id:baumkuchen:20160528221745j:plain

 ビニールクロスの下にはチラシがごっちゃり。 

 

f:id:baumkuchen:20160528221837j:plain

 そしてニラ饅頭!! これを、これだけを食うために俺は来た!!

 豚ひき肉とニラ、要するに餃子のタネみたいなもんを薄皮にぎっちり包んでパリッと焼いた点心。豚肉とニラの味がする!! 以上だ!!

 

f:id:baumkuchen:20160528222727j:plain

 というのもあんまりなんで、どう美味いのか書くとまずは食感。餃子や蒸し饅頭のようなもっちりした感触は皆無でパリサクッとした軽い歯ごたえ。皮全体が綺麗なきつね色になっているので焼くというよりは半ば揚げているのでしょう。

 そして小籠包のようにジューシーというわけではなく水気は適度に飛んでおり、しかしその分、流れ出なかった旨味と香りがギュッと濃縮されている。ニラの風味が食欲をそそるんだ。

 軽い食感と暴力的なうまみ。これらを組み合わせることにより、まるでスナック菓子のようにひき肉の固まりを食べ続けることができます。

 

f:id:baumkuchen:20160528225730j:plain

 このニラ饅頭、今回の旅において最もおつまみ力、英語でいうとおつまみリティが高くビールが永久に飲めます。

 でも今回は翌日以降の体調も考えて、ビール一杯とニラ饅頭一人前のみでストップ。今でもこれは英断だったと思っていますが、ああ、でも、くそう、もっと飲みたかったし食いたかった。

 次は絶対にこの店を初日の日程に組み込もうと心に誓って帰る。

 

f:id:baumkuchen:20160528231239j:plain

 近くにある関東煮(かんとだき = おでん)の立ち飲み。おっさんが群がってる様子が大変絵になる。味よりもシチュエーションを飲んで食うのだ。

 この店、会社帰りにこの界隈でハシゴした際に最後の〆に寄ったことがあるんですが、その際ばっちりへべれけになってしまい未だに同僚からそのことを言われる。多分一生言われる。いいじゃない自力で帰れたんだから。

 

f:id:baumkuchen:20160528232137j:plain

 ようやく暗くなってきた頃合いに天六を抜けていく。

 

f:id:baumkuchen:20160528232654j:plain

 天七(てんひち)側から一枚。アーケードは天六でおわり。

 

f:id:baumkuchen:20160528232337j:plain

 天七は店の密度がやや低め。

 大阪って発音だけじゃなくて本当に「けつね」って書くんだよねえ。

 

f:id:baumkuchen:20160528232912j:plain

 あえて中崎町の古民家カフェ群雄割拠エリアを経由して、ホテルのある大阪駅前まで歩く。

 

 つづく。

 

つづき