読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ととのいたい 「サ道~マンガで読むサウナ道~」-Kindleで読んだ漫画38

漫画

f:id:baumkuchen:20160208233157j:plain

 この漫画はすごいぞ。だって読んだらサウナに行きたくなる。

「私も~したくなりました」なんてのは当たり障りのないコメントの定番ではありますが、グルメ漫画で食べてみたい、旅行漫画で旅に出たいと思うのはまあ自然なこと。何故なら美味しいものを食べる、旅を楽しむということの喜びは既に知っているから。

 でもサウナだぜサウナ。俺の知るサウナは暑苦しい息苦しい苦行の場。しかしどうやっても楽しさなんて見いだせそうになかったそれのイメージが、この漫画を読むことで一変しました。

  作者は「バカドリル」のタナカカツキ。最近は「コップのフチ子」の方が通りがいいのかな。この人、日本サウナ・スパ協会公認のサウナ大使に任命されているそうで、そのアンバサダー活動の一環とも言えるエッセイ漫画です。サウナの素晴らしさを広く伝える、その試みはすばらしい効果を上げていると言えましょう。(俺に対して)

 

 この漫画は正しいサウナの楽しみ方を丁寧に説明してくれます。まず、高温室で汗を流すことがサウナであるというのは勘違い。サウナの本質はその後の水風呂を経て、さらにその後の休憩スペースにあるというのですね。

 蒸し風呂も苦行なら、冷たい水風呂も苦行。よくそんなものに好き好んで入るな、というのが俺の率直な感想でしたが、作者もそうだったようで。

 ところがある日、我慢して無理矢理水風呂に入ってみると凍えるどころか心地良い。 

f:id:baumkuchen:20160210000439p:plain

 火照った体と水風呂によって「温度の羽衣」が形成され、冷気を遮断するのだそうです。まずはこれを体験してみたい。

 

 そして休憩。サウナ室 → 水風呂 → 休憩のサイクルを繰り返すことにより、真のサウナの楽しみである「サウナトランス」という恍惚状態が訪れるといいます。

f:id:baumkuchen:20160210002016p:plain

 温かいと冷たいを繰り返すことにより毛細血管が伸縮し、全身の血行を促進。脳に大量の酸素が送り込まれ、快感物質を分泌するというのがその理由。つまりサウナはこの日本において誰しもがトリップできる合法ドラッグなのです。

 

f:id:baumkuchen:20160210003808p:plain

 ただし、サウナに行かずにいられなくなるという強烈な依存の副作用付き。

 作者はこのサウナトランスがキマった状態を「ととのう」と称していて、それがリラックスの深層へ入り込んだ悟りの境地を思わせます。波立たない心のかたちに「整う」のだと。

 これが「サウナ上がりのビールが美味い」なんて話だったら全く興味がわかないのです。だってそんなもの想像できる範疇ですから。しかしこのサウナトランスは明らかに未体験ゾーン。そしてこの漫画はただただその精神的な快楽をアピールし続けます。

 だから俺はサウナに入りたくなったのではなくて、「ととのい」たくなったのです。

 すでに近隣のサウナは調査済み。近いうちにひと蒸しキメてきます。

 

2016/2/10追記

 近場のサウナに行ってきたので追記。結論から言うとめっちゃくちゃ良かったです。

 正真正銘サウナ初心者ですが、漫画の通り水風呂を使うことでいとも簡単に快感を得ることができました。初めての水風呂は息が止まりそうな程冷たかったけれど、我慢して入ってしまえば成程確かに「温度の羽衣」が出来上がる。わざと指先だけ動かして羽衣を破り水の冷たさを確認してみたりして。

 水風呂そのものも快適ですが、本番と言われている上がった後がものすごい。手足のピリピリとした痺れと心地よい脱力。冷えきった体で湯船に入った時などに毛細血管が一気に広がってこういう痺れを感じることがありますが、それに似たものが水風呂から上がった後に長く長く続く。

 思うに水風呂はサウナの熱を冷ましつつもそれを体内に閉じ込める工程なのですね。上がったあとはダラダラ汗を流すことなく、しかし体内で血液はぎゅんぎゅん巡り続ける。だから休憩時には自分の体内の脈動に深く集中でき、おそらくそれがサウナトランスの陶酔を生む一因だと思われます。適度に促進された血行はそれを感じること自体が結構気持ちよいのです。

 おそらく今回は「ととのいかけ」程度だったと思うのですが、少なくとも普通に風呂に入るよりも遥かに上の快感がありました。眠くないのに入眠直前の意識が遠ざかる感覚が続く感じ。そしてうまくやればもっともっと深くととのえる手応えがありました。

 ただ、このサウナトランスの気持ちいい脱力というのはなかなか厄介でもありまして。サウナを終えた後も手足に力が入らず、まるでチワワか生まれたての子鹿のようにプルプル震えなさるのよ。作中には「よっしゃ会議まで2時間空いた、サウナだ!!」なんて台詞があるんですが、無理。これやった直後は気持ち良すぎて仕事になんない。慣れるとこの後遺症が出なくなるんでしょうか。*1

 そこからゆっくり休んで力が戻ってきた後は明らかに体が軽くなります。完全に弛緩した状態で休憩するので疲労回復効果もすごいのね。あとたったの1回で無駄に肌がスベスベになりました。

 以上、(ちゃんとした入り方での)初サウナ感想。こりゃ絶対また行くわ。

f:id:baumkuchen:20160210195836p:plain

 2016/2/11追記

 2日連続でサウナに行ってしまった。ヤバイ。合法ドラッグヤバイ。

 2015/2/13追記

 またいった かゆい うま

 

マンガ サ道?マンガで読むサウナ道?(1) (モーニングコミックス)

マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~(1) (モーニングコミックス)

 

 ※1話はこちらで読めます。

*1:覚醒剤絡みの時事ネタを入れようと思ったがやめた